« ごめんね | トップページ | »

2012年5月 9日 (水)

同じような時期に新刊が出てたので。

こちら2つ読みました。

「ああっ女神さまっ44」

前の巻で、「みんなピンチでさあどうする?」

な内容だったけど、

どうにか切り抜けました、と。

二つ共、要は愛の力で勝った(女神さまだから)って事なんだろうか。

ハガルとのラスボス戦は意外とあっさり目だったなー。

謀反を起こした理由とかは次の巻へ続くのね・・・

魔力を使うウルドさん格好良い。

今回も、藤島先生のきれいな絵を堪能できました。

******

「金魚草の池」

笑いあり、ほのぼのファンタジーあり。

いつもの須藤先生の世界観にほっこりします。

関西姉妹のエピソードが好きで、毎回楽しみにしてます。

それからあの不幸なお姉さん・・・さらにレベルアップしてて怖くなってる。

あの人を救えるのは誰なんだろうかー。・・・関西姉妹か・・・?

「球形の祈り」と「東の島より 西の海へ」は

読んで泣いてしまいました。

震災の事を描いたんだなあと気づいたら、涙が溢れてきた。

漫画を読んで泣くという事も、あまり無いんだけど。

3回読んだら3回泣きそう。

|

« ごめんね | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« ごめんね | トップページ | »